直径
裏柄
窯印
18.8
なし
山徳

竹のかわりに棕櫚を見立てたとも考えられるが、上記の羊歯同様に写実的な手法は新しい思想をも予感させる。