直径
裏柄
窯印
18.3
なし
城岩

朱と金で色づけされた華やかな椿の花。鳥は鶺鴒だろうか。色落ちしてもまだまだ華麗さを残す逸品だ。