直径
裏柄
窯印
24.2
なし
城岩

危険な崖ッぷちから大きな瀧が落ちている。薪と瓢箪を置いて主人はどこへ行ってしまったのだろう。これが養老の瀧ならば瓢箪を忘れてはしかたない。そうか、この主人は今、この絵を描いているんだ。