直径
裏柄
窯印
21.8
なし
なし

これだけの帆掛船は宝船ではなさそうだ。美しい青海波をこえてやってくるのは商いの舟だろう。ここは堺か江戸か。