直径
裏柄
窯印
21.8
なし
肥前山徳

青海波のかわりに松原を使って帆掛舟(宝舟)を浮かせている。白イゲで海のひろがりを表現しているのはさすがだ。左の帆掛舟と松は必要なのだろうか。