直径
裏柄
窯印
31.1
あり
なし

巻物のまわりは打出の小槌やらなんやらの宝ぢくし。中央の風景画はお決まりの山水で、橋の上を師匠と弟子らしい二人づれが歩いている。ちょっと発色が良すぎて軽い絵に見えてしまう。もう少し渋くしたかった。