直径
裏柄
窯印
25.5
なし
なし

巻物を紐解くと涼し気な渓谷にかかる橋をひとりの老人が渡っている。帰宅するのか久しぶりに友人を訪ねるのか。器も絵も2流だが、巻物皿にしては小振りなので、まとまりが良い。