直径
裏柄
窯印
21.8
なし
山徳

ふたつの扇面に分けて、一方には2羽の鷺、もう一方には網代垣越しに梅が描かれている。変わった図柄なので目につくが、作者の狙った効果はあったのだろうか。