直径
裏柄
窯印
25.1
なし
上瀧

繊細に描き込まれた菊のむこうに亀の甲羅のようなものが見える。垣文だろうが、なぜこんなゴチャゴチャさせてしまうのだろう。