いげ皿とは、明治の終わりから昭和の始め、つまり大正時代をはさんだわずかな期間に、伊万里や美濃などで大量に焼かれた大衆向けの印判皿です。「いげ」とは佐賀の方言でトゲの意味だそうです。イガ栗のイガと同義語です。皿の縁がギザギザになって鉄釉をかけたものをいげ皿といいます。ただ例外も多く、鉄釉のない白イゲやコバルトがかかった青イゲ、「いげ」が縄のように削られた縄イゲ、また図柄も印判だけでなく、手描きや吹墨といった技法もあります。

大衆的で安価な為か日本の蒐集家には人気がありません。麦飯を食べたくないのと同様に、この皿を使うと貧しい頃を思い出すので嫌だという人もいます。そしてその結果、浮世絵や根付けと同じように、いげ皿を含む明治大正の印判が、最近どんどん海外に流出するようになりました。残念なことにいげ皿に関する書物は少なく、アリスター・シートンさんの書かれたもの一冊と言ってもよいくらいです。

微力ながらこの愛すべきいげ皿に光を当て、いつか図録を発行し、必ず実際に博物館を建てるつもりです。それまでこの夢を持ち続ける為に、このWEB博物館を開設しました。

いげ皿博物館館長 渡辺景吾